Bitcoinフォークに伴うシステム変更が完了したため、ビットコインマイニング(SHA-256)が再開されます。

親愛なるハッシュフレアユーザーへ

Bitcoinフォークが完成しました。SHA-256マイニングを再開すると発表してうれしいです。明日、8月3日のSHA-256の支払いがいつものように行われます。これまでに中断されたBTC操作(引き出しおよび購入)はすべて再アクティブ化されます。

また、ウェブサイトのパフォーマンスを向上させることを目的として、メンテナンスの重要な部分を完了しました。翌日にはさ​​らに多くのサービスが提供されるため、サービスの中断が発生する可能性がありますが、マイニングには影響しません。

マイニングは7月31日〜8月1日中断されてから、これらの日の支払いはありません。
最近のニュースレターからもっと読む:http : //bit.ly/2vXai9u

お待ちいただきありがとうございます!

HashFlare.ioチーム

世界最大の取引所 BINANCEは取引手数料0.05%〜

Binance(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所です。

バイナンス取引手数料は0.1%

さらに独自トークンBNBを使うと、手数料が業界最安の0.05%になります。

先日、バイナンスで一日で25万人分の口座開設されていることがニュースになりました。

クローズアップ現代+「“仮想通貨バブル” 未来のお金の行方は?」が放送されました。

昨日7月31日の22時から、クローズアップ現代+「“仮想通貨バブル” 未来のお金の行方は?」が放送されました。

「仮想通貨バブル」という大きなテーマの中で、値上がりしている理由や増加するトラブル、ビットコインの分裂など幅広い話題を扱った内容でした。

仮想通貨における光と闇の両面にスポットを当て、バランスの取れた内容だったように思います。

見逃した方はこちらからご覧ください。

今後もマイニング可能なビットコインやライトコインは値上がりが期待されていますので、

今のうちからクラウドマイニングで土台を作っておけば

もっとも効率良く資産を増やしていけるのではないでしょうか?

1億円以上を稼ぎ出した投資家のことを「億り人」と呼びます。

さらに、10億円以上稼ぎ出した投資家は「自由億」と呼ばれています。

「億り人」「自由億」という言葉がこれから流行語になりそうな予感がしますね。

一括応援ボタン

下記のブログランキングへ一括投票!
人気ブログランキング
にほんブログ村
fc2ブログランキング

取引所人気ランキング第一位Coincheck (コインチェック)

取扱通貨の数が国内No1を誇る取引所。

簡単登録&綺麗な画面&使いやすいスマホアプリで誰にでも使いやすいのも特徴。

さらに盗難への補償サービスで超安心!

ビットコインとライトコインの違いを明確化し今後の方針を決めました。

ライトコインの基本情報

名前:Litecoin(ライトコイン)
通貨コード:LTC
発行上限:8400万
承認時間:約2分半
半減期:840,000ブロック毎(ビットコインの4倍)
コンセンサスアルゴリズム:プルーフ・オブ・ワーク(PoW)
※ビットコインと同じ
開発団体・人物:Charlie Lee

参考サイト
ライトコイン 公式WEBサイト:https://litecoin.org/ja/

ライトコインとは?

基本的な説明は上の動画をご覧下さい。

Litecoinは2011年10月7日、元GoogleエンジニアであるCharlie LeeによってGithub上にリリースされました。GitHubは、その名の通り、「Git」の「ハブ:拠点・中心・集まり」です。「Git」は、プログラミングなどを用いた現場でよく使われている「バージョン管理システム」のことを言います。

GitHubは、Gitの仕組みを利用して、世界中の人々が自分の作品(プログラムコードやデザインデータなど)を保存、公開することができるようにしたウェブサービスの名称です。

Litecoinは、ビットコインに比べ、決済スピードも速く、一般の人に「実際に使われる」という実用性に重きを置いているコインです。

ビットコインとの違い

発行枚数上限がビットコインより多い

ビットコインの発行枚数上限は2100万枚、ライトコインは8400万枚あります。ビットコインの4倍あることでビットコインよりも高騰しにくく一般人が使いやすくなります。個人的には8400万枚でも少ない気もしますがw

承認がはやい

ビットコインが10分に対し、承認時間が2分半とこちらも4倍速いです。ビットコインより実用的な通貨といえるでしょう。

半減期

ビットコインの210,000ブロック毎に対し、840,000ブロック毎の半減期

次のライトコインの半減期=2019年8月の2.3ヶ月前から一気に価格が上昇する可能性もあると考えられます。

採掘コストが安い

ビットコインに比べると電力が抑えられ、採掘コストが安いです。したがって、マイナーからの評判も悪くなく、Segwitもいち早く採用されましたね。

Segwitとはブロックサイズを拡張することができ、1つのブロックチェーンで送金できる件数を増やせる技術です。

暗号通貨方式がScrypt(スクリプト)

暗号化方式がビットコインと異なります。

ビットコインが採用しているのはSHA-256ですが、ライトコインは暗号化方式がビットコインが採用しているSHA-256ではなく、Scrypt(スクリプト)を採用している点でビットコインとは違います。

スクリプトとはハッシュの計算方式のことです。現存する仮想コインの殆どは、採掘の際にSHA256かスクリプトのどちらかのハッシュを用いています。たとえばBitcoinはSHA256を使い、Litecoinはスクリプトを採用しています。スクリプトはSHA256よりも複雑でメモリを多く使用するため、CPUよりも1000高速に計算するハードウェア(ASIC)がまだありません。

複雑な説明でわかりにくいのですが、どうしてビットコインと違う暗号方式をとっているかというとスクリプトにより採掘が効率よくできると思って下さい。

まとめ

ここまでの解説でライトコインの魅力について、ビットコインに引けを劣らないむしろ性能がいいと言う事がお分かりいただけたと思います。ビットコインの発行枚数上限は2100万枚、ライトコインは8400万枚ですので、4倍の発行量があります。ビットコインの価格は約30万円に対して、ライトコインの価格は約5000円。価格差としては60倍の差があるのです。発行量で言えば、ライトコインは30万円の4分の1の75000円ぐらいが妥当であると考えられます。海外のある有料の仮想通貨レポートによれば、ライトコインの価格が1000ドルつまり11万円になるというレポートがありましたので、今年2017年はライトコインのマイニングを優先していきます。今はかなり格安だと思いますので、ビットコインとライトコインのマイニングで迷われている方は参考にしてみてください。

一括応援ボタン

下記のブログランキングへ一括投票!
人気ブログランキング
にほんブログ村
fc2ブログランキング

世界最大の取引所 BINANCEは取引手数料0.05%〜

Binance(バイナンス)は世界最大の仮想通貨取引所です。

バイナンス取引手数料は0.1%

さらに独自トークンBNBを使うと、手数料が業界最安の0.05%になります。

先日、バイナンスで一日で25万人分の口座開設されていることがニュースになりました。